チャレンジャー音響からのお知らせ News&Topics
2017年09月01日(金)
復刻版 LP12 ( Retro-Walnut ) 入荷しています。

昔からのファンには懐かしい 1972年の発売当初の、木枠に4本のスリットがアクセントとして入ったウォールナット仕上げの LP12。

スペックは通常モデルと変わりませんが、久しぶりに見ると新鮮さが感じられる美しいデザインです。

復刻版LP12
 
2017年07月28日(金)
≪夏季休業のお知らせ≫

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社では下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

 

≪夏季休業日≫

8/15(火),  16(水),  17(木)

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

 
2017年07月23日(日)
ブリンクマン Bardo ターンテーブル入荷

ドイツのダイレクトドライブ方式のターンテーブル、ブリンクマン Bardo が入荷しました。

ダイレクトドライブには避けられないモーターの構造上の微小な回転のブレを解消するためにDDモーターそのものを新たに設計しました。
その結果ダイレクトドライブの優位性を生かしたターンテーブルに仕上がっております。

シンプルな構造ですが製品の仕上げが細部まで綺麗で静かに回転する姿に見とれてしまいます。

ブリンクマン Bardo
 
2017年06月30日(金)
ディナウディオ Special Forty (40周年記念モデル)入荷。

ディナウディオの40周年記念モデル、Special Forty が入荷しました。

ツイーターに新開発のエソターフォーティーを搭載しています。

仕上げはグレーバーチ(レッドもあります)。見たことのない木目ですが綺麗です。

モノトーンのインテリアにもスピーカーが浮かないで馴染むかと思います。

ディナウディオらしく非常に定位が良く、スピーカーの間にサイズを超えた空間が現れます。

ディナウディオの通常モデルよりも艶のある音がします。

Special 40 DYNAUDIO
 
2017年06月04日(日)
現在、試聴室でお試しいただける製品をご案内しています。
2017年6月現在、試聴可能な製品をこちらのページでご紹介しています。
試聴可能な製品ページ>>
 
2017年05月01日(月)
ゴールデンウィークも平常通り営業しております。

当店は ゴールデンウィーク中も平常通り営業しております。

5/3(水)憲法記念日は定休日です。

 

営業時間 10:00 ~ 19:00  水曜定休

皆様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

試聴室2017/04
 
2017年03月03日(金)
FirstWatt(ファーストワット)F7,F6

ネルソン・パス氏のプライベートブランド、 FirstWatt(ファーストワット)入荷しました。

厳選されたパーツを使い、非常にシンプルに設計されています。

出力はわずか20Wですが、厚みのある色彩感豊かな音を聴かせます。

大音量を求めない、静かに音楽を聴く方におすすめです。

ファーストワット
 
2016年12月30日(金)
新年は 1月5日(木)より営業いたします。
本年もチャレンジャー音響をご愛顧いただき、誠に有難うございました。

新年は 1月5日(木曜日)より 通常通り営業いたします。

2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。
2016/12 試聴室
 
2016年12月03日(土)
DYNAUDIO NEWコンター シリーズ 入荷しました。

13年ぶりにフルモデルチェンジしたディナウディオ コンターシリーズ、早速 入荷しました。

音を聴く前に発注しましたので若干 不安はありましたが、それを大きく裏切られました。

ブックシェルフのコンター20は、従来のコンターの発展型というより、いまだ人気の高い25周年モデルのブックシェルフ スペシャル25のようなナチュラルな音です。

トールボーイのコンター60は、音の前後の奥行き感が素晴らしく、従来のモデルの 奥に正確に定位するだけでなく前にも出てきます。音像の高さもあります。低域の再生能力が高く、音階がしっかりわかります。
上級機のプラチナムのような低域が、コンターシリーズでも再現できるようになりました。

NEWコンターシリーズ
 
2016年10月31日(月)
YGアコースティック カーメル2 入荷。

YGアコースティック Carmel2 が入荷しました。

強固な金属製で巧みな精度で加工されたキャビネットを持ち、ウーハーユニットまでアルミの塊から削り出されています。それが良いとわかっていても、本当にやってしまい製品にしてしまうところが このメーカーのすごいところです。

YGでしか再現できない細かい音の描写、大げさではない自然な低音、少し聴いただけではわからないポテンシャルを持っています。

随所のこだわりが再生される音として表れています。

YG カーメル2
 
 
 
1 2 3

PAGE TOP↑